>

外貨預金に税金がかかる場合とは?

知って損なし外貨預金

銀行選びは?

銀行はどうやって選ぶ?

ここでは外貨預金を始める際の銀行選びについてご説明します。
まず外貨預金の銀行選びのポイントとしては手数料が挙げられます。
手数料は各金融機関によって異なっています。
その為、それぞれの金融機関を比較して手数料が安い金融機関を選ぶようにしましょう。

次に外貨預金の銀行選びのポイントとして金利が挙げられます。
金利も手数料と同様で金融機関によって異なっています。
金利も高ければ高いほど良いため各金融機関を比較したうえで選ぶようにしましょう。

このようなポイントを比較したうえで金融機関を選ぶことをオススメします。
また銀行によってはキャンペーンなども実施している場合もあるためキャンペーンなどが実施されているかどうかなども確認しましょう。

外貨預金の税金について

最後に外貨預金にかかる税金はどうなっているのでしょうか。

外貨預金には税金が発生します。
このため外貨預金をはじめる前には外貨預金の税金に対する知識を身につけておく必要があります。
外貨預金の税金は個人のお客様、法人のお客様関係なく発生します。
税金は主に利息に対する税金と為替差益に対する税金の2種類が存在します。

利息に対する税金では利子所得となり所得税と地方税が課税となります。
また利息に対する税金では確定申告の必要は基本的にはありません。
次に為替差益に対する税金では雑所得となり所得税と住民税が課税になります。
また為替差益に対する税金の場合には確定申告が基本的には必要です。

外貨預金を始める際には税金がかかるということを承知のうえでスタートするようにしましょう。


このコラムをシェアする