>

外貨預金に税金がかかる場合とは?

知って損なし外貨預金

外貨預金では高い利息が期待できる

外貨普通預金

ではここからは外貨預金の種類について詳しく見ていきましょう。

外貨預金はひとつだけでなくいくつかの種類が存在します。
種類としては外貨普通預金、外貨定期預金、外貨貯蓄預金が一般的な種類になります。

ここではまず外貨普通預金についてです。
外貨普通預金は個人の方、法人の方のどちらでも申し込みを行うことが可能になっています。
入出金の際に手数料がかかることが外貨普通預金の特徴です。
次に外貨普通預金では出し入れが自由という特徴が挙げられます。
外貨普通預金では出し入れが自由である代わりに金利が随時、変動するため出し入れのタイミングを見計らわなければなりません。
また金利は低めの設定になっていることも特徴の1つです。

外貨定期預金と外貨貯蓄預金の特徴

次に外貨定期預金についてです。
外貨普通預金では出し入れが自由であることが特徴でした。
しかし外貨定期預金はこの反対で出し入れが自由ではなく、出し入れのタイミングが決められているということが特徴になっています。
つまり外貨定期預金では満期日が決められています。
満期日が決められており出し入れが自由ではない外貨定期預金ではありますが、金利は高めの設定になっています。

最後に外貨貯蓄預金についてです。
外貨貯蓄預金では入金をした日より1ヶ月後からなら出し入れが可能などといったように、出し入れができるまでの期間が決められていることが特徴になります。
まだ残高によって利率が上がることも特徴です。

以上のような特徴は一般的なもので、取扱いの金融機関によってそれぞれ内容は異なりますので注意しましょう。


このコラムをシェアする